探偵事務所と興信所の違いとは?歴史的背景から調査内容まで解説

浮気調査や人探しを依頼などを依頼したいけど、探偵と興信所、どっちに依頼すればいいんだろう?

探偵と興信所の違いがわからないから自分の悩みを誰に相談すればいいかわからない…

という方に向けて。今回は探偵事務所と興信所の違いを解説します。 

興信所と探偵事務所の違いはほぼない

探偵と興信所に、明確な違いはありません。探偵も興信所も行っている業務はほとんど変わりません。

探偵は興信所の調査員になれますし、興信所の調査員も探偵になれます。

どちらを名乗るかしか違いはないんですね!

ワトソン
ワトソン

では、同じなのになぜ名前が違うのでしょうか?

それは、興信所と探偵事務所は起源が異なり、昔は別々の役割があったからなのです。

興信所の歴史

興信所は、当時の日本銀行の社員が、関西圏内にあった30行程の銀行の協力を得て「商業興信所」として作り上げたものでした。

興信所は、経済活動をする上での大事な信用情報を調査する機関として発足し、「A社に融資しても倒産しないか?」「借金は多額に抱えてないか?」といった経済上での信用情報を精査するのが主な仕事内容でした。

聞き込み調査や面接、電話などを使い調査を行い、企業の経営状況、資産状況を依頼者へ報告していました。

ワトソン
ワトソン

銀行のために、取引相手の信用調査を行うのが興信所設立の目的だったんですね!

まとめ

  • 興信所は銀行員が作った
  • 設立目的は「銀行の商取引をスムーズにするため」
  • 素行調査や信用調査がメイン

探偵事務所の起源

続いて、探偵事務所の起源です。

探偵事務所を日本で初めて立ち上げたのは、元警察官でした。

今のような、離婚、浮気、ストーカーなどの人に相談しにくい内容を依頼されるのではなく、新聞に載るような事件を探偵として解決に導いていたようです。

興信所とは対照的に、尾行調査、張り込み調査など「身分を明かさない調査」を実地で行うのがメインでした。

まとめ

  • 探偵社は元警察官が作った
  • 設立目的は浮気やストーカーといった「人々の抱える問題を解決すること」
  • 浮気調査や犯罪調査がメイン

興信所・探偵事務所の調査内容

現在では、多くの興信所・探偵事務所が幅広い業務を請け負っています。具体的な調査内容は、以下の通り。

調査の種類調査の内容
浮気調査配偶者の浮気・不倫の証拠を見つけます。
結婚調査結婚相手の経歴が本当かどうか調べます。
素行調査相手がトラブルを引き起こす要素がないか調べます。
人探し調査行方不明者・失踪人を探します。
いじめ調査いじめの証拠を集めます。
ペット捜索調査ペットが行方不明になったときに捜索します。
お墓探し調査大切な人のお墓の場所を探し出します。

実際のところ、現在探偵に舞い込んでくる依頼は8割以上が男女関係のトラブルに関するもの。
特に、浮気・不倫に関する相談は非常に多いです。

そう聞くと、「探偵って、人のアラ探しをする人なの?」と、調査依頼はマイナスなものばかりだと思われがちですが、全部がそうではありません。

「学生時代の恩師のお墓を見つけて、感謝を伝えたい。」「大好きだった人にもう一度だけ会いたい」など、素敵な依頼もあるんです!

興信所と探偵事務所、どちらを選べば良いの?

解説したように、現在では興信所と探偵事務所の違いはほとんどありません。

興信所は安く探偵事務所は高い、なんてことは決してありませんし、その逆もありません。
探偵業界では、調査ごとの料金などが決定されているわけではないので、値段も調査方法も、業者が独自で決めています。

そのため、興信所と探偵事務所、どちらを選んでもほとんど違いはありません!

ただし、業者ごとに得意としている調査調査料金は異なります。

公式ホームページをみて、無料のカウンセリングを利用して、今のあなたに1番ピッタリの会社を見つけましょう!

ワトソン
ワトソン

ホムズトークでは、無料でLINE相談を受け付けています。(年中無休・24時間対応!)
さらに、弊社社員が直接会って見極めた、優良な探偵のみご紹介いたします。
悪徳業者・ぼったくり業者に当たることはありません!
いつでも気軽にご相談ください!