【親権とは?】親権の基礎から親権を取るために重要なポイントまで解説

夫婦が離婚した時、問題になるのは親権。

今回は「離婚した時、親権はどうなるの?」「お父さんでも親権を取れるの?」という方に向けて、親権について解説します。

また、自分が離婚した際、自分の子供の親権をどうすれば獲得できるかも気になりますよね。特に、日本ではお母さんが親権を握ることが多いので、お父さんは気になるところだと思います。

そこで、今回は日本では難しいと言われている「父親が親権を取るために重要なポイント」も解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

「親権」とは?

親権とは「未成年の子どもが独立した成人になるまで、財産管理や子どもに代わって法律行為を行う権利・義務」のこと。
親権を持つ親は、子供を守り、しつけたり、教育を施したりする権利義務を持ちます。

民法では、親権を以下のように定めています。

第818条3項
親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。

e-GOV 法令検索|ストーカー規制法

結婚している夫婦の場合、どちらにも「子供を守る権利や義務=親権」がありますが、離婚するときはどちらか一方を親権者(親権を持つ人)にしなければいけません。また、親権者が決まるまでは離婚も正式に認められません。

親権者が決まるまでの流れ

子どもがいる夫婦が離婚するとき、親権者はどのように決まるのでしょうか。

話し合い(協議離婚)

先ほども説明したように、親権者を決めなければ離婚は認められません。

まずは、夫婦間での話し合いで親権者をどちらにするか決める夫婦が多いようです。日本では、夫婦のほとんどが話し合いによる協議離婚をしています。

「別れはするけど子育ては一緒にやっていきたい。」と、お互いに歩み寄り、子どもの幸せを一番に考えた離婚の仕方が理想ですよね!

ワトソン
ワトソン

この時点で離婚が成立した場合、協議離婚と呼ばれるよ!日本ではこれが一番多いみたい

調停(調停離婚)

2人での話し合いが上手くいかなければ、家庭裁判所へ持ち込みき離婚調停をします。

裁判官や調停人が、夫婦双方の主張を聞きながら話し合いを進めます。

これも、あくまで調停人という第三者を入れた「話し合い」なので、2人が納得し合意した時点で調停は成立、離婚が確定します。親権も、話し合いの中でどちらがもつかで決まることになります。

ワトソン
ワトソン

ここで離婚が成立したら調停離婚。揉めたときは、第三者を入れて話し合うのがいいね!

裁判(裁判離婚)

離婚調停でも解決できなければ、離婚裁判が行われます。

この離婚裁判まで進むと、テレビドラマなどでよくある泥沼の争いになることが多いです。

裁判で親権を双方が譲らない場合、司法の判断によってどちらがふさわしいかを決めることになります。

親権者を決めるだけでなく、親権者にならなかった親は子に月に何回会えるのか、養育費はどのように負担するか、このような細かな決定も「判決」という形で決まります。

ワトソン
ワトソン

愛し合っていたはずなのに…悲しいね

父親が親権を取りづらい理由

実は、日本で離婚をした際夫(父親)が親権を得る確率は11%程度という統計が出ています。

離婚後の親権者が父母のどちらになるかについては,平成28年の人口動態調査によれば,夫が子の親権者となったのは11.9%で,母親が親権者となった場合の84.4%に比べて格段に低くなっている。

藤原 究|離婚後における親子の関わり
父親が親権を握る場合は11%。母親は80
%を超える

参照:厚生労働省|離婚に関する統計:5 親権を行う子の数別にみた離婚 Divorces by number of children involved in divorce

では、なぜ父親は親権を取りづらいのでしょうか。

1.子どもが母親を好む傾向にある

最近は共働き世帯も増えてきましたが、まだまだ子育ては母親が中心で行う家庭が多いです。すると、子どもは一緒にいる時間が多かった母親と一緒にいたいと思うのです。

子どもの意志は親権者の決定に大きく関わってくるため、母親が親権者となることが多いのです。

2.父親は子育てをするのが難しいと判断されやすい

朝から晩まで仕事をしていると、子どもは常にどこかに預けるか、1人で留守番をすることになります。小学生、中学生までにどのくらい親と一緒に過ごしているかどうかは子どもの成長にも影響します。

母親が経済的に困窮する・人格や精神に問題があるといった特殊な事情がなければ、母親が親権者として相応しいと判断されやすい傾向にあります。

3.「親権者は母親」とする前例が多い

先ほど説明した2つの理由もあり、調停や裁判では母親を親権者とする前例多いです。

子供の発育を考えて経済力よりも「子どもと一緒にいられること」を重視して判決が下されてきたため、その前例にしたがって決まることが多いのが現状です。

父親が親権を取るための4つのポイント

夫婦間での話し合いによって親権者が決まらなかった場合、どのような基準で親権者が決まるのでしょうか。

ここでは、親権者になるために押させておくべきポイントを解説します。

1.子育てへの貢献と今後の見通しをアピールする

親権者を決めるとき、これまでどのくらい子育てに貢献してきたかどうかが大事です。

また、これから先、子育てがしっかりできる環境が整えられることを主張しましょう。

  • 仕事が終わった後はすぐに帰宅し、子どもを寝かしつけていた
  • 仕事が休みの日は毎週子どもの面倒を見ていた
  • 平日は近所に住んでいる兄弟や祖父母が面倒を見ることができる
  • 会社に託児所が併設されている

離婚してシングルファザーとなってからも、子供に対してこれまで通りの環境を準備できることも重要です。

例えば、祖父母が面倒を見られるのであれば母親代わりになりますし、幼い子どもを預かってくれる託児所を併設している企業に勤めている…といったこともアピールポイントになるでしょう。

2.子供から望まれること

子どもが小学校高学年くらいの年齢であれば、子どもの意志も考慮されます。

これまで母親が子育てに大きく貢献していたとしても、子供が父親を望めば、親権者が父親になる可能性もあるのです。

3.健康状態をアピールする

親権者が健康でいることは、子育てをするために大事なことです。

病気がちであれば、仕事を続けられなくなり経済的にも苦しくなるかもしれません。
子どもの将来のことを考えるのが大前提です。健康上の不安は親権を取れない原因にもなります。

また、健康は身体的なものに限らず、心の健康も含まれます。
母親に適応障害やうつ病など、再発の可能性が高い既往症、精神疾患がある場合は、父親が親権を得ることになるかもしれません。

4.親権者の経済状況

子どもが成人するまでにはトータルで1,000万円以上かかると言われています。

子どものことを最優先に考えるなら、経済状況は非常に大切なポイントになってきます。

父親が圧倒的に有利なように思えますが、離婚時に養育費や住居の補償などを夫婦間で決めるのが一般的なため、それも考慮されます。

そうは言っても

父親(自分)が1人で育てることになったとしても子どもが成人するまで金銭面で困らない。

という自信があるのならアピールする価値はあります!

5.浮気の証拠を集める

例え、奥さんが不貞行為を働いたことが原因で離婚に至ったとしても、それで親権が父親にいくどうかはまた別の議論になってきます。

たとえば、妻の浮気が原因で離婚したとしても、子どもが母親と住むことを望めば母親に親権が渡ることもあるのです。

とは言っても、妻(子どもの母親)が浮気をして子育てをほったらかしていた=妻が母親に相応しくないという客観的な証拠を集めることは有効です。

調停や裁判になった時、今後子どもがどのような環境に置かれるかどうかが重要なポイントになります。いくら母親が有利とはいえ、子どもを放置して男遊びをしているようでは親権は取れません。

裁判でも、子どもへの影響を考え、父親の元で育てるのが望ましいと判断されるでしょう。

親権のための証拠集めは探偵に依頼しよう

いかがだったでしょうか?

今回は親権についてや、親権を取るための方法を解説しました。

妻の浮気が原因で離婚をした場合などは、親権を奪われてしまわないようにしなければいけません。

そのためには、浮気の証拠、母親が子育てを放置していた証拠があればあるほど有利です。

自分や子どもの将来を考え「自分が父親として子どもを支えなければいけない、支えていきたい」そう強く思っているなら、ぜひ、証拠集めをプロの探偵にご相談ください。

【探偵依頼の流れ】探偵に依頼した時の流れと注意点を解説!

ワトソン
ワトソン

ホムズトークでは、24時間完全無料で相談を受け付けています。