子供を守るために〇〇万!いじめ調査にかかる費用を解説!

日本の年間自殺者数は、確認されているだけでも約2万人と言われています。自殺の原因は様々ですが、特に若者の自殺理由の大半は「いじめ」によるものであると言われています。そんな現代において、子供が学校や職場でいじめを受けていないか、心配になるのは当然のことです。そうした最悪の結末を招く前に、探偵を雇い「いじめ調査」をしてもらうことで手を打つことができるかもしれません。さて、いざいじめ調査を依頼しようと思った時に気になるのがその費用。今回は、いじめ調査にかかる費用を解説していきます。


いじめ調査の費用

探偵にいじめ調査を依頼した際にかかる費用を解説していきます。

相場は10万〜40万円

いじめ調査の相場は10万円から40万円です。
いじめ調査では、探偵が「いじめの証拠」を掴み、レポートにして提出します。その証拠収集の難易度や、収集にかかる時間によって費用は変わってきます。

いじめ調査費用の内訳

いじめ調査費用の内訳は以下の通りです。

  1. 人件費:調査員一人当たりの人件費です。1時間5000円〜15000円
  2. 交通費などの諸経費:交通費や車両を使用した際の燃料費など
  3. 機材使用料:カメラや盗聴器などの機材使用費
  4. 成功報酬:依頼が成功した時に支払われる料金
  5. 事務手数料:手付金や調査報告書などの作成にかかる費用

以上がいじめ調査費用の内訳です。


調査費用は3パターン

いじめ調査に限りませんが、探偵の調査費用は大きく分けて

  1. 時間給制
  2. 成果報酬制
  3. パック料金制

の三つに分けられます。

依頼する探偵社によっては、「時間料+成果報酬」などの場合もありますので、見積もりの際によく確認することをお勧めします。

調査費用のプランについて詳しく知りたい方はこちら

【探偵】料金から業態まで!探偵の仕組みを徹底解説

調査費用を安くするためには

ここまで、いじめ調査の費用を解説してきましたが、実際かかる費用は抑えられるなら抑えたほうがいいですよね?ここからは調査費用を安くするための方法をご紹介します。

調査の目的を明確に

調査費用は、調査の難易度や証拠収集にかかる時間に比例して高額になっていきます。
探偵は、プロとして依頼者の目的を遂げるべく目的を果たします。しかし、依頼者の提示するゴールが不明瞭だったり、不明確な場合は探偵もどうしたらいいかわからず、時間ばかりかかってしまい、結果高額な調査費用を支払わなくてはならなくなるかもしれません。
依頼の際には必ず「いじめの証拠を写真に納めてきて欲しい」「いじめの証拠として録音をしてきて欲しい」など明確な目標を提示するようにしましょう。

事前に情報を集めておく

手元に地図がある場合とない場合では、目的地へたどり着くまでの時間は大きく変わってきます。
いじめ調査も同じく、手がかりが多ければ多いほど、証拠を入手するまでの時間は短くなることが期待されます。
どんな些細なことでも、証拠となりそうなものは依頼する前に収集して保存しておきましょう。

優良な探偵を選ぶ

目的地へ早く着きたいなら、高性能な車に乗るのがいいでしょう。
優秀な探偵へ依頼すれば、高い難易度の依頼もその技術と経験で簡単に解決してくれることがあります。
探偵がどのくらい優秀かは、依頼してみなければわからないかもしれませんが、事前に口コミや実績で確認しておくことも可能でしょう。

探偵の選び方はこちら↓

【探偵】探偵・興信所の7つの選び方と3つの注意点【興信所】

納得できる費用の探偵に依頼しよう!

ここまで、いじめ調査の費用について解説してきました。
もちろん、調査で最も重要なのは探偵によりいじめの証拠を暴き、大切なひとを守りことですが、お金を無駄に使ってしまうのもよくありません。
探偵に依頼する際は、必ず複数の探偵社に依頼し、見積もりをとってもらってから依頼するようにしましょう。